AGA治療の副作用

ミノタブの副作用?AGA治療開始3週間後にめまい!

(最終更新日:2020/1/3)

AGAの治療薬を服用し始めて3週間ほど経過した頃、「これはミノキシジルタブレットの副作用では?」と感じた出来事がありました。

服用するにあたっての参考にしていただければ幸いです。

使っているAGA治療薬

詳しくはAGA治療薬のレビュー記事のとおりですが、脱毛を抑止する役割として「フィナステリドタブレット」、発毛を促進する役割として「ミノキシジルタブレット」、これらの効力を最大限高めるための「サプリメント錠剤」、ミノキシジル配合の外用薬の4種類です。

ミノタブをはじめとする服用中のAGA治療薬の詳しいレビューはコチラの記事でまとめています↓

AGA治療薬の副作用

まずはAGA治療薬の一般的な副作用について軽く触れておきます。

フィナステリドタブレットの副作用と発現率

まずは“抜け毛を防ぐ働き”をしてくれる「フィナステリド」の副作用についてです。

症状 発現率
性欲減退 1.1%
勃起不全 0.7%
性欲量減退 0.4%
肝機能障害 0.2%

出典:MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」添付文書

フィナステリドは主に男性機能への影響があるようですね。

発現率は低めです。

ミノキシジルタブレットの副作用と発現率

続いて、“髪の毛を生やす働き”をしてくれる「ミノキシジルタブレット」の副作用についてです。

症状 発現率
かゆみ 8%
めまい 4%
頭痛 3%
吐き気 3%

出典:IONINE:Loniten (Minoxidil) 、Side effect rates for Loniten

「かゆみ」「めまい」「頭痛」「吐き気」が数%の確率で発現するようです。

それほど高い発現率ではありませんが、“めまい”という症状自体は十分あり得るようですね。

ミノキシジルはもともと「血圧を下げる」ための薬で、「多毛症」がその副作用だったようです。

現在はその副作用を逆手にとって「薄毛治療のためにミノキシジルタブレットを服用・ミノキシジルを添付する」という用いられ方をしているんですね。

ミノキシジルタブレットと飲酒の組み合わせが副作用の原因?めまい発生エピソード

私の場合、突然の体調不良なんて滅多にないのですが、ミノキシジルタブレットを服用し始めて3週間後の飲み会の帰り道で突然めまいに襲われました。

飲酒量はビールをグラスで3杯程度で、いつもよりも少ないくらいでした。

ススキノのお店で飲み終え、地下鉄の駅に向かう道すがらで貧血のときのように血の気が引いて、目の前がチカチカ白くなる感じがしたんです。

危うくススキノの交差点のど真ん中で倒れるところでしたが、なんとか地下に降りる階段までたどり着き、10分くらい座って休憩することで事なきを得たのでした。

ミノキシジルタブレットと副作用の因果関係は不明…でも副作用ついて頭に入れておこう

正直、ミノキシジルタブレットの摂取とめまいに因果関係があったのかはハッキリ判りません。

ただ、過去に一度しか貧血で倒れたことのない人が「ミノキシジルタブレットを服用し始めて初めての飲み会でぶっ倒れそうになった」のは事実です。

この事実を客観的に捉えると、ミノキシジルタブレットの服用と飲酒はかなり高い確率で”何らかの因果関係はあった”と考えて良いと思います。

少なくとも、ミノキシジルタブレットをはじめとするAGA治療薬を摂取する人は「どんな副作用がありうるのか」、また「その副作用はどんなときに発現しやすいのか」ということを頭にインプットしておいて損はないはずです!

なお、ミノキシジルタブレットを摂取して10ヶ月経過した現在でも、めまいに襲われたのはこの1回きりでした。

当時は「寝不足」や「ストレス」など、飲酒以外の複合的な要因があったのかもしれません。

特に「飲酒は血圧降下の一因」となるため、「ミノキシジルタブレットの副作用の血圧降下」と併せて血圧降下のダブルパンチを引き起こします。

ミノキシジルタブレットを服用した日の飲み過ぎは危険です。
十分に注意しましょう。

あなたのAGA治療の参考になれば幸いです。
それではまた!あなたが素敵なAGA治療ライフを過ごせますように!

※治療経過0か月目に戻る⇒